スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おわら風の盆 八尾町

DSC02558.jpg
 おわら風の盆で有名な越中八尾の町は、五木寛之、内田康夫、渡辺淳一など多くの作家が恋愛小説や推理小説の舞台に取り上げた、魅力的な町でした。私達が歩いたこの道も日本の道百選に選ばれており、石畳と格子戸の家並みがしっとりと、情緒溢れた風情でした。淡いぼんぼりの灯りの中で深く編み笠をかぶり、美しい手つきで 静かに踊る女性を想像してみると、う~ん、ここでは絵になるな~と思いました。
スポンサーサイト

雪の白川郷

DSC02547.jpg
 今年の初旅行はピーちゃんと格安バスツアーで、白川郷に出かけました。晴れ女二人旅ですので、私はお天気の心配は な~にもしていません。でも北陸自動車道に入ると雪がしんしんと降りすっかり銀世界。大阪とは違います。あ~寒そう~なんて思っていましたが、白川郷に着くと、そこは光輝く日本昔話の世界でした。一面雪で覆われた茅葺き集落の中には、雪だるまが作ってあったり、カマクラが掘ってあったり。やっぱり冬は雪がいいよね~なんてのん気なことを言いながら足取り軽く歩きましたとさ。めでたしめでたし~

明善寺鐘楼門

DSC02537.jpg
 であい橋というステキな名前の吊り橋を渡り、白川郷荻町の茅葺き集落を歩いていると、明善寺というお寺がありました。屋根が雪にこんもりと覆われキノコのように可愛いのです。1748年に創建され、本堂、庫裏、鐘楼門と、みな茅葺き屋根でできており、この鐘楼門は寄棟作りの二階建てです。すってんころりと滑らないように気をつけながら門をくぐりました。長い年月、この雪深い谷間の集落に住む人達も 色々な思いを胸に、この門をくぐられたんだろうな~と感じました。

2010年 明けましておめでとうございます


 昨年末に一足早く、世界一の福寅のある 信貴山に5人で出かけました。信貴山はすでにお正月の準備が整い、お天気も良くすがすがしい空気でした。 大晦日の「紅白歌合戦」が終わると すぐに始まる「行く年来る年」で信貴山からの中継があり、この福寅も何度か、画面に登場。「行ったよ~!」と突っ込みをいれました。 昨年はフルートのレッスンを再開し、ちょっぴり青春を取り戻したような年でしたが、今年はお店も5年目になります。我ながら、よう続いてるこっちゃ~です。みんなで喜びをわかちあい、小さな幸せを積み重ねていきたいな~と思っています。
 今年もどうぞ宜しく お願いいたします。
  
プロフィール

手作り小物フルート

Author:手作り小物フルート

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。