スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァチカン美術館

DSC02684.jpg
海外の美術館に行くと、一日では時間が足りないと思うほどの作品の多さにびっくりしてしまいます。ヴァチカン美術館も、ラファエロ、ダ・ヴィンチ、カラヴァッジョ、ルーヴェンスと足早に見て回るのはもったいないと思うような 作品が これでもか~というぐらい並んでいます。中でもシスティーナ礼拝堂にある1512年に完成したミケランジェロの創世記と1541年に完成した 最後の審判は人間わざとは思えないほどの圧倒的な迫力で、18メートルの天井を見上げるとその世界に吸い込まれていくようで、思わず祈りたくなりました。大勢の人がいるのに、誰もがその神々しさに 心打たれ、館内は静寂で、感動に満ちていました。は~~っ  です。
システィーナ礼拝堂の中はもちろん 撮影禁止です。ブログの写真は礼拝堂に行くまでの 廊下の壁です。ただの壁もすべて芸術品でした~。 
スポンサーサイト

フルートを吹く少年

DSC02681.jpg
 ヴァチカン美術館の入り口近くで見たフルートを吹く少年の彫刻像です。まだ中学生位の年頃でしょうか。憂いを含んだ幼さの残る顔で、何か考え事をしながら、フルートを吹いている様子に魅かれました。いつ頃製作されたものかは わかりませんでしたが、どんな曲を吹いていたのかしらと思ったのです。 

アマルフィ

DSC02642.jpg
ホテルの部屋のベランダから眺める右側のアマルフィ海岸。雲が動き、エメラルドグリーンの海の色が光とともに変わり、それをぼんやりと眺めることのできる何という幸せ! は~っというため息がでました。いたるところにあるレモンの木は黄色の大きな実をたわわにつけて、いかにも南イタリアです。名産のレモンツェッロは爽やかで口当たりも良く、グイグイーッと呑みたいところですが、呑めない私は味見だけ~でした。おいしいワインもいっぱいあるのに、こんな時はお酒の強い人がちょっと羨ましいな~

アマルフィ

DSC02640.jpg
 ホテルの部屋のベランダから眺める左側のアマルフィ海岸。正面はぜ~んぶ海です。夜中の3時頃、同じ部屋の和江ちゃんと何となく目が覚め、カーテンを開けベランダから海を見たのです。すると真正面に半月が輝き、海の上に長く大きな光の道を作り、その光の道がまっすぐに私達の部屋に向かって伸びているのでした。昔、見た「十戒」という映画で海が二つに割れる場面がありましたが、二人ともすぐにそれを思い出し、何ともいえない神々しい美しさの体験に暫く声がでませんでした。今回の旅行で一番感動した体験でした。

アルベロベッロの夕暮れ

DSC02610.jpg
 去年の夏、トレヴィの泉で、もう一度イタリアに来れますようにとコインを投げましたが、まさか一年もたたないうちに願いが叶うとは思いもしませんでした。イタリア八日間の旅は夏に比べてお花の水遣りを心配しなくていいしこの時期(?)フルートのお客さんも少ないだろうし、何といってもお安いツアーだし、南イタリアは地中海気候で暖かいだろうし~と誘われたらのってみようと 勢いで行ってきました。大正解でやっぱりイタリアは様々な顔を持ち、感動することがいっぱいでした。写真はとんがり屋根が可愛いアルベルベッロの街の夕暮れです。家からは妖精が現れそうな雰囲気ですが、どこも人が住んでいてレストランや雑貨屋さんもあります。一つの屋根に一つの部屋があり、中は以外に広いのです。夕暮れポツポツと灯りが灯り始めた街を散歩していると、異国の地を歩いている不思議と、何だか胸を締め付けられるようなせつなさと、こうしてお友達と旅行にこれる感謝の気持ちとで胸がいっぱいになりました。再びのグラッツェイタリアでした。

おとぎの街アルベロベッロ

DSC02615.jpg
 アルベロベッロは世界遺産の街ですが、すれ違う人も少なく迷路のような石畳の道を歩くと、おとぎの街で迷ってしまいそうでした。所々に雑貨屋さんがありますが、置いてある物もお菓子も素朴な物ばかり。タラーリというお菓子が名物だそうでクッキーというより駄菓子といったほうがぴったりで、食べだすと癖になりそうな 懐かしい味でした。ちょっと味見をしたい方はフルートに遊びにいらして下さい。今ならまだありますよ~。1件日本人女性が経営する店があり、イタリアに嫁いできて20年、すっかり、しっかり者のマンマというかんじでした。日本人は口うるさいから、うちの店はどこよりも安いですよという言葉についついたくさん買ってしまいました。やっぱりお商売する人はあれぐらいの迫力がないといけないんでしょうね~。
プロフィール

手作り小物フルート

Author:手作り小物フルート

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。