スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枚方パーク菊人形展

DSC03284.jpg
5年振りに開催された 枚方パーク大菊人形展を見に行きました。昔は秋の恒例行事で毎年のようにでかけたものでしたが、菊人形展がなくなり、足が遠のきました。今年は100周年記念ということで、ダブルよーこさん達とでかけたのです。入場門をくぐったらすぐ、気合を感じました。あちこちが菊の饗宴この美しさです。どの花も生き生きとし、私を見てと言わんばかりです。少しでも花を育てると、咲くまでの時間の長さや、お手入れのことがわかります。愛が不足すると、ショボンとした花しか咲かないのです。庭師さんがいらっしゃたら、素晴らしいですねと 声をかけたかったですが残念ながら、おられませんでした。きっと、観客のいない、朝や夕方に手入れされているんでしょうねそれぞれの花が持つ自然の色の美しさを生かし、それを大きな作品のように仕上げる芸術品のようなお庭に感動して、私も家に帰ったら、お庭の手入れをしようと その時は思ったのでした~
スポンサーサイト

DSC03289.jpg
今回の菊人形のテーマ、龍馬伝にあわせて、大きな龍がいました。どれ位の菊が使われているのかしら~

坂本龍馬

DSC03295.jpg
高校3年生の時、司馬遼太郎の「竜馬が行く」を読みました。受験生だったのに、読みふけりました。タイムマシンに乗れるなら、江戸末期に行って 絶対 竜馬に会いたいと思ったし、かわれるものなら、お龍さんになりたいとも思ったのです。本を読んでその人物に恋をするなんて、はじめてのことだったし、いつか竜馬のような人に出会いたいとも思ったんですよ~。 女性なら、一度は言われてみたいと思うようなことを竜馬はポロリポロリと言うんです。それほど魅力的に書かれていました。今テレビで 龍馬伝をしているので毎週楽しみに見ていますが、あの時代を駆け抜けた龍馬はやっぱり、凄い人物でした。大政奉還から明治維新に導く道を作り、33歳の若さで亡くなったのは、神様にも愛されたからでしょう。この写真右は枚方パークの龍馬です。私のイメージとはちと違いますが、ま~いいでしょう。

七五三

DSC03280.jpg
 11月はどこにでかけても、七五三行事の親子連れを見かけます。写真の多賀大社も、可愛い晴れ着姿や、羽織袴で着飾った子供達と若いご夫婦でいっぱいでした。衣装も色々で、上半身は着物、下はフリフリのスカートになっている、ギャル風着物あり、ドレスありとオシャレ満開です。その中に二人、竹下夢路の絵から出てきたような着物姿の姉妹を見つけ、思わず可愛いですね~と声をかけてしまいました。すると私の若い頃の銘仙の着物を仕立て直したんですよ~とお祖母ちゃんが 嬉しそうに答えてくれました。いいな~  中に入るところに小さくて、とても傾斜のきつい太鼓橋があります。元気な子供達ですから着物が汚れるのはおかまいなしでみんなそこによじ登って記念写真を撮ってもらっています。中には着物姿でみっともないと すごく怒っておられる方がいましたが~ そりゃ仕方ないでしょう~  私達も危なっかしい足取りで よじ登りました。こんなところでこけたら、それこそみっともないですが~ 本殿に入ると1箇所長い行列が。それがこの菊で作られた七五三の前です。写真を写す順番待ちです。子供達はみんな家族のスターで幸せいっぱいの笑顔でした。こんな頃が懐かしいな~

太郎坊

DSC03269.jpg
ピーちゃん達と4人で滋賀県方面にドライヴ。まずは、東近江市、赤神山の中腹にある 太郎坊という所に行きました。7世紀の創建だそうで、まわりは巨岩がいっぱい。 中でも本殿前にある、二つに割れたこの夫婦岩は、びっくりするほど迫力のある 大きさです。その間を通る時、願い事は叶うけれど、嘘つきな人が通れば、たちまち岩に挟まれるとか~ひゃ~、ペッチャンコのペラペラにならないかしら~とちょっと心配しましたが、みんな正直者だったようです。無事通過した後、頂上からは、鈴鹿連峰、比叡山などの美しい山並みが見え、登る時は、あ~しんど~と思いましたが、秋の風が心地良かったです。

狸谷山不動院

DSC03203.jpg
 やっさんご夫妻と、京都にドライヴ、左京区にある、狸谷不動院に行きました。タヌキは他をぬくということから、スポーツ選手や芸能人の参拝が多いそうです。本殿に行くまでの参道で早速見つけました~。阪神の選手がたくさん来られているんですね~。優勝記念だって。懐かしいな~。私は阪神、阪神とうかれていましたが、やっさんは、巨人ファンでした~。申し訳ありません。 たくさんの狸達に迎えられて、歩いて行くと宮本武蔵が修行を積んだという武蔵の滝というのがありましたし、本殿は清水の舞台のような 立派さでした。最近パワースポットとして、テレビでも紹介されたそうですが、人は少なくゆったりした気持ちになります。頂上で食べた、やっさんご夫妻が作ってきて下さった松茸ご飯のおにぎりや自家製野菜のお惣菜のおいしかったこと!親子でハイキングに来ているような 幸せな気持ちになりました。エヘッ 年はあまり変わらないんで、またまた申し訳ないことです。

正倉院展

DSC03249.jpg
 石ちゃんの運転で いっちゃんと三人、奈良の正倉院展にでかけました。お天気もあまり良くないし、月曜日なんで、空いているだろうと思っていたのに~この行列で何と75分待ちの案内が~。招待券を2枚持っていたので、とにかくもう1枚だけチケットを買おうと並んでいたら、見知らぬお方が近づいてきて「あまっているから使って下さい。」と招待券を下さり、サッと立ち去られました。。私達はビックリしてちゃんとした御礼も言えずで申し訳なかったですが、こんな事もあるんですね~。このラッキーに三人とも嬉しくてその時のお互いの様子を真似しては笑いっぱなしでした。 並んだ後の正倉院展 今回の一番人気は 螺鈿紫檀五弦琵琶(らでんしたんのごげんびわ)です。近くで見る為にまた並びましたが、ラクダに乗って琵琶を演奏する人の細工や散りばめられた花々の美しさに驚き、これを見ただけで正倉院展にきたかいが あったな~と思いました。 今日も幸せ~
プロフィール

手作り小物フルート

Author:手作り小物フルート

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。