スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山会館

DSC04003.jpg 
 茨城に住む 高校時代の親友と 東京メトロ江戸川橋駅で待ち合わせ、鳩山会館を見に行きました。今回の震災で 彼女の自宅は大丈夫と聞いていたのですが、職場はやはり大変だったようで もとの状態に戻るには相当時間がかかるそうです。彼女とは大学も違いその後の生活も接点がないのですが、会えばすぐ 箸が転んでも笑う年頃の気持ちになり、話がつきません。美しい鳩山会館よりもついおしゃべりに夢中になり あっと言う間に時間がすぎました。写真は中庭から会館を見たところです。屋根には 鳩やフクロウの彫刻がほどこされてあります。正面玄関の一番大きな彫刻は鹿でした。 鳩はわかるけど、なんで鹿~何か意味があるのかな~
 それにしても英国風の建物にはどうしてこう 薔薇が似合うんでしょう。 薔薇の匂いを嗅ぎながらケラケラ笑う 気分は高校生の仲良しおばさん二人組みでした~

DSC04008.jpg
鳩山会館のサンルームから 中庭をみたところです。ステンドグラスも美しい~
 文京区の交通量の多いところを歩いて行きますが、音羽の丘と呼ばれる長い坂を登るあたりからは、 大きな木に囲まれ、軽井沢にでもきたような静けさです。 
 パンフレットには、戦後政治をリードしてきた鳩山家と書いてあり 確かに輝かしい歴史もあるのですが、今はいったいどうなってるの~ 鳩山家、ただいま迷走中です~


DSC04012.jpg
 鳩山会館から有楽町に出ました。大都会の繁華街とは思えないほど、緑が豊富で落ち着いた空間です。三井ビルの一角にあるステキなカフェで 東京最後のおしゃべりです。ちいさ~なケーキと珈琲で う~ん 大阪だったら豪華なランチが食べれるお値段でございました~ ま~場所代か~と納得しました。 
スポンサーサイト

東京建物探訪

DSC03995.jpg
渡辺篤じゃないけれど、建物探訪が大好きです。東京で今回訪れたのは、駒込駅から歩いて10分ほどの、旧古河庭園、設計者は鹿鳴館や旧岩崎邸洋館を手がけた、jコンドルです。住んでいたのは、古河財閥3代目当主の古河虎之助男爵。親子3人に、召使いが40人ほどいたらしい  1階には多趣味だった虎之助さんらしく、ビリヤード室もあり、薔薇の彫刻で飾られた 天井や壁など、ため息がでるほど美しいでした。写真で見る虎之助さんは、映画俳優のようにハンサムで175センチの長身、さぞや、おもてになったことでしょう。だがしかし、和室の掛け軸に「人生とは、重き荷物を背負いて 歩むが如し~」という徳川家康の言葉がかけてあったのです。お金があってハンサムでも人にいえない苦労があったに違いない~享年53歳の若さですもの~。
 

DSC03997.jpg
 駒込駅からプラプラ歩くと、刺抜き地蔵で有名な 巣鴨地蔵通商店街に着きます。大阪の新世界にも似たこの雰囲気にワクワクキョロキョロです。おいしそうな駄菓子も いっぱい売っていて、荷物になるのはわかっていてもついつい買ってしまいます。でもお土産はなんといっても有名な おばあちゃんの原宿巣鴨の赤パンツ。若がえるというカエルの刺繍までついている赤パンツを、LL、L、Mと お友達の顔を思い浮かべながら 買ったのでありました~。う~んなかなか楽しいお土産になったわ~と自己満足でした。

DSC03986.jpg
ランチをしたのは花小金井市にある、風のシンフォニーという 店名も佇まいも 私の大好きな雰囲気のお店です。お店の周りは可愛い花がいっぱい咲き、よくお手入れされているんだろうな~と思いました。花小金井市の遊歩道沿いに建っていて、もともとは普通の住宅だったと思います。中に入るとクラシック音楽が流れ、お席は近くの主婦の方達?でほぼ満席でした。ランチも有機野菜を使った~という健康に気を遣ったもの。 ただ残念なことに、このお店を切り盛りされている、多分私と同年代位の女性二人が、お忙しいこともあったと思いますが、一度もニコリともされませんでした。 笑う門には福きたる~やのにな~と心の中で 大阪弁で突っ込みをいれた私でした。 

武田信玄

DSC03980.jpg

甲府は甲斐の国、風林火山の武田信玄で有名な所です。写真は武田氏館跡に建てられた 武田神社の甲陽武能殿という能舞台です。武芸を嗜む者は、舞をも嗜み、その拍子を 己の武芸に取り入れたらしいのです。なんか、かっこいいですよね~。そういえば織田信長も 人間五十年~と謡いながら舞を舞ったとのこと。昔の殿方は結構、踊れたのかしら~なんて想像しました。武田神社は勝ち運をよぶ神社だそうで、人生そのものに勝つ、自分自身に勝つというご利益が あるそうです。う~ん、自分自身に勝つか~私の苦手な分野です・・・

DSC03981.jpg
 武田神社から見た甲府駅に続くまっすぐな道。 この道の両サイドには 武田歯科や 武田内科、武田薬局など、武田の苗字のつく家がいっぱいありました。そしてこの道はもちろん武田通りでしたよ~。

DSC03959.jpg
 甲府駅にどんと座っておられる武田信玄公です。甲府市民は武田信玄が大好き。上杉謙信とゴッチャになってる私でありました~

富士山 三景

DSC03983.jpg
山梨から東京へと出かけました。 今回初めて 京都から甲府への 直行バスに乗りました。9時30分京都八条口発、16時甲府着、バスはガラ空き~、一人で二人分の座席6500円なり~の のんびり旅行です。途中ランチタイムも含めて諏訪湖などでの3回の休憩もあり、私は止まるたびに、大好きな五平餅やソフトクリームを食べてしまいました~ 大阪ではすっかり散ってしまった桜が、山中ではまだまだ美しく咲き 春から初夏にかけての日本の美しい景色を 堪能しました。新幹線もいいけれど私はこのバス旅行がとても気に入り、(甲府だけでなく、色々な場所にお安い直行バスが出ています。)また一つ遊ぶ方法が見つかった~とほくそ笑んでいます
 写真は山梨県 笛吹市(お~こんな地名があったんですね~)から見る富士山です。流れる川は笛吹川、なんと優美なことでしょう。

DSC03964.jpg
 山はあっても 山なし県と子供の頃に覚えました。甲府は周りを ぐるり山に囲まれている盆地です。その山々の後ろから スックと富士山が 頭を出しています。富士山は 比べようのない 別格の美しさでした。

DSC03970.jpg
 夕方、甲府市にある、ほったらかし温泉という面白い名前の温泉に連れていってもらいました。目の前に富士山と甲府市の夜景を見ながらの露天風呂です。ポツポツ灯り始めた 街の夜景と 薄淡い夕暮れ色に染まった富士を見て、あ~いい湯だな~でした~。

山吹

DSC03916.jpg
 連休は奈良も京都も人だらけ~。それでもやっぱり ちょっとは出かけたい。 花好きの友達が 空いてそうな穴場を探し、京都市西京区にある、松尾大社に出かけました。山吹祭りが行われている最中で、境内いたるところに山吹の花が咲いています。 思った通り、人は少なく、松尾大社に行くまでの道にもツツジ、藤、ハナミズキ、薔薇と花いっぱい。お家の垣根や庭も大切に育てられた花が満開の様子。オープンガーデン見学気分でキョロキョロしながら、2万歩近く歩きました。帰りの電車は超満員。でもそれ位は我慢しなくちゃね。何せゴールデンウィークなんですから~

DSC03930.jpg
 ランチをいただいたのは、偶然みつけた、魚未という小料理屋さん。せっかく美味しそうだったのに、いつものごとく、食べてから、あら~写真を撮っておけば良かった~でした。 カウンターにこの紙が貼ってあり、笑ってしまいました。私のところにも貼っておきたいわ~

DSC03932.jpg
プロフィール

手作り小物フルート

Author:手作り小物フルート

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。