スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

龍馬に逢いに

DSC05650.jpg
高校生の頃、司馬遼太郎の「竜馬が行く」を読み、憧れました。タイムマシンがあるなら、絶対幕末に行き、竜馬に逢ってみたいと 思ったものです。 北海道から 沖縄まで、日本各地を 色々旅行したのに、なぜか竜馬の故郷である 高知に行ったことは なかったのです。今回やっと 高知に行くことができ、桂浜にある 公園の有名な竜馬像に逢えました。竜馬像は思っていたより ずっと大きく、手を懐に入れた独特のポーズで 桂浜から遠くを眺めているようでした。無邪気に タイムマシンに乗ってと願った頃から ウン十年が過ぎ、たくさんの人との別れを経験しました。今 もしタイムマシンに乗れるなら、両親がいなくなる時が来るということなど、考えもしなかった頃に戻ってみたい。 二つ揃った 笑顔の両親の遺影を見て、そう思いました。

DSC05651.jpg 
 冬の桂浜に寄せる波は もっと荒々しいと 思っていたのに、波音も静かで 穏やかでした。  テレビや インターネットなどの情報も全くない頃に この桂浜で若い竜馬は、 日本のこと、海の向こうにある 外国のことを色々考えたのでしょうね。 


DSC05626.jpg
スポンサーサイト

新年明けまして おめでとうございます

DSC05590.jpg
 穏やかな  新年を お迎えのことと 思います。
 政治はまだまだ 混沌として、明るい展望は 見えにくいですが 新しい一年は 始まりました。
 皆様 どうぞ お身体を大切に 幸多き 一年でありますことを 心より お祈りいたします。
 私も 健康で 小さな幸せをわかちあえるように 生きていけたら いいなと思っています。
 今年も宜しく お願いいたします・

DSC05595.jpg
 恒例 お正月京都コースは、六波羅蜜寺で 今年一年の おみくじを頂き、恵比寿神社で 福を頂きます。 写真は 逆光で見えにくいのですが 鳥居の上に恵比寿様のお顔があります。そのお顔の下の 熊手に お賽銭を投げ入れるようになって いるのですが、これが結構難しい。高さもあるし、お参りに来られた人に 見られていて恥ずかしいし~。一回で入らない時は 何回も挑戦する羽目になって、あせってしまいます。ところが毎年来ている 私はコツがつかめたのか、年々上手になり、今年は一発で 入りました。ヤッタ~。見ている方に 拍手してもらいましたよ。何かいい事がありそうな 嬉しい予感でした~ 

DSC05604.jpg
 四条大橋の上は 餌をやる 人がいるからか、ビックリする程 たくさんのトンビが飛んでいます。頭をかすめるくらい近くまでおりてきて、大きいものだから、羽根がバサバサ鳴りちょっと恐いくらいです。私達の前を歩いていた小さな女の子」が 若いお父さんに、「お父さん、あれ カラス?」と聞きました。お父さんは「カラスと違うやろ。カモや~。」 ええ~っ いくら鴨川の上を歩いてるとは言え~まっちゃんと 顔を見合わせ笑ってしまいました。
プロフィール

手作り小物フルート

Author:手作り小物フルート

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。