スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり 枚パー

DSC05898.jpg   
 小春日和の日曜日、よーこさん達と枚方パークにでかけました。地方に旅行に行っても 枚方といえば、あ~菊人形で有名なところですねと、知っておられる方が多く嬉しくなったものでした。菊人形を作る後継者が少なくなったらしく、昔のように大々的に 菊人形展はしていませんが、この時期やはり 枚方パークの菊はとても美しく見ごたえがあります。子供の頃は 宝塚ファミリーランドや 奈良ドリームランドが あったのですが、大阪にある遊園地は、ほとんどなくなってしまいました。その中で地元ともいえる枚パーが 頑張っているのはとても嬉しいことです。園内には、小さな子供を連れた若いご夫婦がたくさん いて、着ぐるみと一緒に写真をとったり、ほほえましい光景を見て、懐かしい気持ちになりました。私達はもう 乗り物に乗ることもありませんが、地元の小さな遊園地が いつまでも存続してほしいな~と思いました。二時間ほど 園内をウロウロし、菊と薔薇を 堪能した後は、満腹ランチにゴーでした~ 

DSC05895.jpg
 入り口を入ってすぐのところには、この菊のお姫様がお出迎え。園内には来年の干支にあわせてか、菊の子馬が
跳ねていました。
スポンサーサイト

少しずつ秋に

DSC05894.jpg
 銅版画家の山本容子さん お薦めの建物、京都北白川にある、遺伝学者 駒井卓博士の遺邸を訪ねました。ナショナルトラストにより 管理されているということなので、お友達三人で出かけたら、アチャ~閉まっていました。公開は 金、土だけとのことです。気を取り直して 電車ですぐの詩仙堂と金福寺に足をのばしました。金福寺は初めてでしたが、松尾芭蕉と与謝蕪村にゆかりのある、俳句の聖地として 有名な所でした。芭蕉も訪れたという芭蕉庵があり、芭蕉を敬慕していた 与謝蕪村のお墓がありました。蕪村のお墓の周りには俳人の方達の お墓もいくつかあり、句をたしなむ方達にとっては大切な場所なんだろうな~と思いました。境内は赤く色付きはじめ、秋がすこしずつ 深まっていくのを感じました。
 
DSC05886.jpg
 中を見ることが出来なかった駒井家住宅です。アメリカの建築家ヴォーリスが円熟期に建てたもので、雑誌で見ると、とても 広く見えましたが、実際は周りの緑に溶け込んだ こじんまりとした家でした。次回は中をみたいです。 
 
DSC05882.jpg
DSC05884.jpg
プロフィール

手作り小物フルート

Author:手作り小物フルート

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。