スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都五山の送り火

P1010014 (400x300) 

 今年の一月に五山の送り火を見に行こうと誘われました。 お手紙には「まだまだ先の話と思うでしょ。すぐすぐ~」と書いてありました。 その通り、一月から八月はすぐに やってきたのです。   大文字焼きが始まる夜八時までは、時間があるので、行きたいと思っていた、バルテュス展に直行です。 天気も不安定だったし、雨の中を並ぶことになるかも~と思っていたのに、人がいない。ラッキーです。中に入ると スイスから運ばれてきたバルテュスのアトリエが すぐに ありました。絵具も椅子も灰皿もそのままです。 私はバルテュスより先に奥様の節子さんのスイスでの暮らしぶりを何年も前に本で読んだことがあり、刺繍や洋裁などの手仕事、美しい庭作りなど、素敵な方だな~と憧れていたのですが、今回バルテュスの奥様と知ったのでした。 若い頃のバルテュスはなかなか認められず、絵も暗いタッチのものが 多いのですが、晩年節子さんと結婚され、スイスでの暮らしは 穏やかだったようで、優しい色合いの風景画になっていました。 この写真のバルテュスはフランスの映画俳優のようで かっこいいではありませんか~。それにあのお城のようなスイス最古の木造建築のホテルを絵を2,3枚描くという約束だけで手にいれるんですから~ヒェ~です。

P1010016 (400x300)

京都市美術館近くのレストランということで、探しておいた ザ・ガーデン岡崎でしたが、平日でも並んで待つ人が多いということでしたので、半分諦めていました。雨も振り出し、慌てて中に入ると3組ほど待つだけで すぐに座れたのです。一番人気の岡崎プレートを注文。8種盛りのプレートはどれも一工夫してあり、美味しかったです。 お腹いっぱいと言いながら、ケーキ5種盛り合わせをみんなで分けて食べたのでした。 食べ終わる頃には雨がやんでいました。

P1010024 (400x300)

京都御所の隣、パレスサイドホテルが この日の宿泊先であり、五山送り火の日にはなかなか予約の取れないホテルです。 激しい雨が降ったり止んだりで、ホテルの方達も準備万端の用意をされていましたが、本当にできるかな~と心配されているようでした。 八時から点火ということで、私達も7時45分頃には、7階の屋上に行きました。お~雨は止んでいます。 8時ちょうどに東山如意ケ嶽に大文字が点火されました。ご苦労様~という気持ちでいっぱいになりました。その後 妙、法、舟形、左大文字と5分おきごとに点火され それぞれの山に文字が浮かび上がりました。 年々向こうに帰る人が増え、寂しい限りですが、いつかもう一度会えることを 楽しみにしていますね~とお別れしました。
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

手作り小物フルート

Author:手作り小物フルート

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。