スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月下美人の花

P1010045 (400x300) (400x300)

  いつも新鮮な野菜や お米を 届けて下さる Mさんが、「 もうじき咲くから、あげるわ~」 と大きな鉢をかかえて やって来られました。 これな~に?と思っていると 月下美人の花とのこと。 私は小学生の時、国語の教科書に「月下美人の花」という教材が載っていたのを 何故かよく覚えているのです。 良い匂いを あたり一面に漂わせ、一晩だけ咲く 珍しい花を家族みんなで 観察するというような 内容でした。 そして私の実家には月下美人の花が描かれた 日本画が 飾ってあったのですが、私にとっては幻の花で実際に見たことは ありませんでした。 蕾が膨らんできたので もうすぐかな~と思ったけど その日は大雨で まさかこんな日には 咲かないだろうと思っていたのに次の日の朝しぼんでいたのです。 その後は見過ごしては勿体ないと部屋に入れ初めて見たのが この花です。 さすが夜の女王、匂いも姿かたちも はは~まいりました~と言いたくなる美しさでした。

P1010051 (400x300)

京都五山の送り火

P1010014 (400x300) 

 今年の一月に五山の送り火を見に行こうと誘われました。 お手紙には「まだまだ先の話と思うでしょ。すぐすぐ~」と書いてありました。 その通り、一月から八月はすぐに やってきたのです。   大文字焼きが始まる夜八時までは、時間があるので、行きたいと思っていた、バルテュス展に直行です。 天気も不安定だったし、雨の中を並ぶことになるかも~と思っていたのに、人がいない。ラッキーです。中に入ると スイスから運ばれてきたバルテュスのアトリエが すぐに ありました。絵具も椅子も灰皿もそのままです。 私はバルテュスより先に奥様の節子さんのスイスでの暮らしぶりを何年も前に本で読んだことがあり、刺繍や洋裁などの手仕事、美しい庭作りなど、素敵な方だな~と憧れていたのですが、今回バルテュスの奥様と知ったのでした。 若い頃のバルテュスはなかなか認められず、絵も暗いタッチのものが 多いのですが、晩年節子さんと結婚され、スイスでの暮らしは 穏やかだったようで、優しい色合いの風景画になっていました。 この写真のバルテュスはフランスの映画俳優のようで かっこいいではありませんか~。それにあのお城のようなスイス最古の木造建築のホテルを絵を2,3枚描くという約束だけで手にいれるんですから~ヒェ~です。

P1010016 (400x300)

京都市美術館近くのレストランということで、探しておいた ザ・ガーデン岡崎でしたが、平日でも並んで待つ人が多いということでしたので、半分諦めていました。雨も振り出し、慌てて中に入ると3組ほど待つだけで すぐに座れたのです。一番人気の岡崎プレートを注文。8種盛りのプレートはどれも一工夫してあり、美味しかったです。 お腹いっぱいと言いながら、ケーキ5種盛り合わせをみんなで分けて食べたのでした。 食べ終わる頃には雨がやんでいました。

P1010024 (400x300)

京都御所の隣、パレスサイドホテルが この日の宿泊先であり、五山送り火の日にはなかなか予約の取れないホテルです。 激しい雨が降ったり止んだりで、ホテルの方達も準備万端の用意をされていましたが、本当にできるかな~と心配されているようでした。 八時から点火ということで、私達も7時45分頃には、7階の屋上に行きました。お~雨は止んでいます。 8時ちょうどに東山如意ケ嶽に大文字が点火されました。ご苦労様~という気持ちでいっぱいになりました。その後 妙、法、舟形、左大文字と5分おきごとに点火され それぞれの山に文字が浮かび上がりました。 年々向こうに帰る人が増え、寂しい限りですが、いつかもう一度会えることを 楽しみにしていますね~とお別れしました。

夏痩せ?知らず

P1010057 (400x300)  

 子供の頃から夏痩せをした記憶はありません。 のんびり過ごす夏休みは、何を食べても美味しく、体重はじわじわと増え、学校が始まり忙しくなると、もとに戻るのでした。 最近は色々な欲?が薄れ、枯れてきたのか、美味しい物を食べる時が一番幸せに感じるのですから、困ったものです。アイスクリームにカキ氷、スイカに桃にと夏にこそ、美味しいものもたくさんありますので、今年も夏痩せの心配はなさそうです。 写真はここ毎年作っている紫蘇ジュースです。大鍋にぎゅうぎゅうに赤紫蘇を詰め、煮出した中にお砂糖とクエン酸を加えるだけで、きれいな紫蘇ジュースが出来上がります。甘味を抑え、さっぱりした味ですが、紫蘇のいい匂いがして、元気が出ます。ひと夏分たっぷり作っていますが、紫蘇ジュースのなくなる頃にはこの暑さとも お別れできるかな~。

P1010056 (400x300)

  夏の麺類と言えば、まず素麺でしょうか。私は普段は薄焼き卵にハム、キュウリ、大葉に生姜などを添えるのですが、今回はご馳走素麺ということで,ささみのニンニク醤油焼き、オクライカ納豆、えのきだけの薄味煮等を添えています。練ゴマを使ったゴマだれは こくがあって、美味しかったです。   もちろんみんなで作りましたよ~。

瓜割の滝

P1010048 (400x300) 

 手芸店の格安招待バス旅行に ヨーコさん達と出かけました。 枚方市駅に6時半集合と 私にとっては 一年間に数回あるかなしかの早起きです。 観光の最初は毛皮工場でした。夏に?ですがま~言われるままに見学です。一番のお勧めはムートンの磁気入り敷物で、見た目は暑苦しいのに触るとヒンヤリ。思ったよりいいな~と思いましたが、40万円以上の値段です。 私達のバス旅行の人数は20人ちょっとでしたが、その中の二組の方が そのムートンを、お買い上げ~は~ビックリでした。そのあとは 昆布工場へ。試食もいっぱいあり、お土産には手頃なお値段でついついたくさん買ってしまいます。昆布ソフトクリームも美味しかった。その次は地ビール工場で食事です。食事を終えてやっと観光地らしき所に連れて行ってもらえそう。場所は福井県若狭町の 瓜割の滝です。 その滝に着く間際に ガイドさんが言われました。「申し訳ありませんが、皆さんの滝のイメージを5分の1位に小さくして下さい。」 あらま~滝?本当に小さく可愛い滝?でした。 でも全国名水百選に選ばれているそうで 湧き水は美味しかったです。
 
P1010054 (400x300)

  滝のある、若狭瓜割名水公園は森の中にある、紫陽花や、桜、モミジなどが美しい公園です。たくさんの男の方達が楽しそうに植木の手入れをされていました。皆さんボランティアだそうで、春も秋もきれいだから、また来てくださいよ~と言われてました。 は~い。来ますよ~と返事はいい私達です。

P1010046 (400x300)
 地ビールレストランにあった、足湯です。 バスのクーラーで冷えた足をじんわり温めるのは気持ち良かった。 足だけ温泉気分です。 

プロフィール

手作り小物フルート

Author:手作り小物フルート

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。